選手

素材を選ぶ重要性

フットサルユニフォームで使用できる素材はメッシュからポリエステルまで様々な種類があります。機能性から華やかさまで素材によって異なりますので、チームが求めるユニフォームに応じて素材を決めましょう。吸汗性の高いユニフォームがほしい場合はメッシュが理想的です。
洋服

スウェットを作りたい

フォトショップ等のアプリを用いればスマートホン一台で手の込んだオリジナルスウェットを作れます。また、業者によっては販売することもできます。作り方はデザイン画像を業者に送るか、ネット上にアップロードするだけで済みます。

白いTシャツ

業者に頼めば安い

オリジナルTシャツは専門業者に作ってもらうと激安価格でできることもあります。まず、口コミなどを参考にして激安で作ってくれる業者を探してみましょう。また、サービス内容が充実している業者だとさらにお得です。

ポロシャツ

おそろいにしよう

オリジナルポロシャツを業者に作ってもらう人が増えてきています。イベントでおそろいのデザインを着用するといった時に活用できるからです。また、デザインも自由に選べます。そんなところが魅力的です。まずは業者を選びましょう。

選手

揃いのユニフォームを作る

チームオリジナルのフットサルユニフォームを全員で着用すれば、試合がしやすくなったり応援もしやすいというメリットがあります。フットサルユニフォームには吸水性や速乾性、洗濯がしやすく丈夫といった条件が求められ、作成は業者に依頼する方法がおすすめです。

高いからTシャツで我慢

ポロシャツ

綺麗だからTシャツで我慢

イベントやお祭りのときなどに、メンバーが一体感を持つための必須アイテムといえばお揃いの衣装でしょう。ロゴマークが入ったTシャツやオリジナルポロシャツは、イベント期間が終了した後も通常衣料として使うことができる便利なアイテムです。しかし実際、イベント名や祭り名の入ったTシャツを町で見かけることはあっても、オリジナルポロシャツを見かけることは少ないのではないでしょうか。これには、「Tシャツは安く作れるけれどポロシャツは高い」というイメージが影響していると思われます。確かに衣料品単品の価格としてはTシャツの方が安価ですし、アイロンプリントをイメージしたときにもTシャツの方が綺麗にプリントできそうに思われています。しかしながら、オリジナルポロシャツの価格は意外なほど安いのが現状です。それには、ポロシャツへの印刷技術の躍進が原因としてあげられるでしょう。ポロシャツの生地は素材にかかわらずTシャツほど表面が平らとは言えません。しかし現在多数の印刷所では、インクと印刷技術の改良により、素材を問わず様々なポロシャツにプリントができるようになっています。各業者のサイトでは、オリジナルポロシャツの洗濯への対応や図柄のサイズなど、細かな疑問に詳しく答えているところもあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。ポロシャツそのものの色やサイズ、素材や最低発注枚数などを考慮していくと、綺麗で安価であるというイメージだけで、安易にTシャツを選択せずにすむことがわかるでしょう。